ブログ

ブログ初心者 おすすめレンタルサーバー5選【WordPress向け】

※アフィリエイト広告を利用しています。

 


この記事で解決できる悩み

  • めんどうだったら「エックスサーバー」か「ConoHA WING」 でOK
  • 初心者が選ぶべきレンタルサーバー5つ
  • レンタルサーバー選びに確認しておくべきポイント7つ

 

1.ブログ初心者が選ぶべき レンタルサーバー5選!

ブログを始めたいんだけど、サーバーてどこがいいのかな?

困っている人
Makito

ブログのサーバーですね!ワードプレスでブログ作るなら、このサーバーを選べば間違いない!というサーバーを厳選してまとめました!

 

【初心者でも10分で開設!】WordPressブログの始め方 4ステップで解説!

 

月額1,000円程度 月額500円程度
エックスサーバー ConoHa WING mixhost ロリポップ さくらサーバー
安定性・機能・性能重視派 コスパ重視派
月額 880

(12ヶ月契約)

月額 941

(12ヶ月契約)

月額 968円

(3ヶ月以上契約)

月額 990円

(12ヶ月契約)

月額 425円~

月額 495

(3年契約の場合)

月額 678

(3年契約の場合)

月額968円

月額550円

(3年契約の場合)

 

6/5 12:00まで

(キャンペーン期間)

4/19 16:00まで

(キャンペン期間)

無料ドメイン2個 無料ドメイン2個 無料ドメイン1個 無料ドメイン2個 なし
国内シェアNo.1の実績
安定性・信頼性抜群のバランスの良いサーバー
安定さと特典の豊富さ
高速&高コスパサーバー
成人向けジャンルのブログ運営可 低価格で従来比2倍の速度を実現したサーバー 機材の刷新により、従来サーバーと比較して5倍の高速化を実現

 

僕自身、色々調べてもよくわからなかったので、ネットで調べてよさそうなものを選びました。

 

Makito

読んで選ぶのめんどくさい!っていう人がいたら、エックスサーバーか、ConoHA WINGにしておけば間違いないでしょう!

 

1-1【エックスサーバー】これを選べば間違いない!

エックスサーバー

出典:エックスサーバー

 

なんといっても、エックスサーバーはダントツ利用者が多く、これまで目立ったトラブルはなく、

 

運営してきているので非常に信頼性・安定性が高いです。

 

サーバースペックも優れているので、初心者だけでなく、中・上級者にもおすすめです。

 

約2年間、障害や接続エラーなどのトラブルが一切なく、安定して運用できているので、今後も使い続けると思います!

 

Makito

ちなみに私もエックスサーバーを使ってます!

 

ConoHa WINGはここ数年で、運用サイト数を55万以上(2018年~)と大きくシェアを伸ばしています。

 

しかし、エックスサーバーは運用サイトが240万以上でありConoHa WINGと比較すると運営歴(2003年~)が長く、実績・運用サイト数が多いです。

 

以上のことから、初心者、運営実績、安定稼働を重視するならば、エックスサーバーかなと。



エックスサーバーの概要

おすすめなプラン スタンダードプラン(実質880円〜)(1年契約の場合)
プロモーション中は、495円/月額(3年契約の場合)
通常の価格/月 1,100円/月(1年間の契約でキャンペーンではない場合)
初期費用 無料
公式ホームページ エックスサーバー
エックスサーバーの特徴 国内シェアNo1の有名レンタルサーバー。性能面・価格面・実績面・サポート面とバランスが良く、法人からも個人からも支持されている。
・自動バックアップ・復元データ取得標準装備
・契約中は独自ドメイン2つ永久無料

・WordPressテーマ(Snow Monkey/Swellなど)割引特典あり
WordPress自動
インストール
あり
無料SSL あり
データベース 無制限
ディスク容量 300GB
無料ドメイン 2つ(12か月以上の契約が必要)
バックアップ Webサイト・メール・データベースのデータを1日1回バックアップ。
過去14日分を復旧用データとして利用可。
サポート メール・電話・チャット

Xserver公式HP

6/5 12:00までお得なキャンペーン実施中

※この機会にブログを始めましょう!

 

1-2【ConoHa WING】~従来比2倍の速度を実現しかも低価格~

出典:ConoHa WING

ConoHa WINGは、GMOインターネット株式会社が提供するレンタルサーバーです。

 

2018年9月に新登場した、最先端技術を盛り込んだ超高速レンタルサーバー。

 

Makito

歴史はまだ浅いですが、初心者にわかりやすい管理画面とリーズナブルな価格、そして高速表示性能でブロガーを中心にシェア急拡大しています。

 

初心者にとって簡単にブログがつくれるという点は重視したいのではないでしょうか。

 

Conoha Wing(コノハウィング)は、サーバー速度が高速なのに月額料金が安いコスパ抜群のレンタルサーバーです。コスパの高さから、多くのブロガーが利用してます。

 

Conoha WINGの概要

おすすめなプラン ベーシックプラン(941円〜)(1年契約の場合)
プロモーション中は、月額678円(3年契約の場合)
通常の価格/月 1,452円(1年間の契約でキャンペーンではない場合)
初期費用 無料
公式ホームページ ConoHa WING
ConoHa WINGの特徴 大手GMOが運営するレンタルサーバー。初心者にわかりやすい管理画面とリーズナブルな価格&高速表示性能でブロガーを中心にシェア急拡大
・WordPressテーマ(JIN:R/SANGO/SONIC/THE THOR)割引特典あり
・学生・教職員の方向けの学割サービスあり
WordPress自動
インストール
あり
無料SSL あり
データベース 無制限
ディスク容量 300GB
無料ドメイン 2つ(12か月以上の契約が必要)
バックアップ Webサイト・メール・データベースのデータを1日1回バックアップ。
過去14日分を復旧用データとして利用可。
サポート メール・電話・チャット

Conoha WING公式HP

Conoha WINGにアクセスする

※詳細を確認してみましょう!

 

 

1-3【mixhost】~サーバー性能・高速化への取り組みには定評あり~

出典:mixhost

mixhost(ミックスホスト)はアズポケット株式会社が運営するホスティングサービスです。

 

mixhostはホスティング事業としては後発の会社になりますが、サーバー性能・高速化への取り組みには定評があります。

 

大きな特徴は上位プランが初回支払時半額以下で利用できます。

 

成人向け・出会い系分野のサイトを作りたい方は、mixhost一択になるでしょう。




mixhost(ミックスホスト)の概要

おすすめなプラン スタンダードプラン(968円〜)
通常の価格/月 2178円
初期費用 無料
公式ホームページ mixhost
mixhostの特徴 成人向けサイトが運営可能な数少ないレンタルサーバー。上位プラン契約なら初回契約時半額特典でかなりお得
・プレミアムプラン以上はサポート内容もアップ(詳細はこちら)
WordPress自動
インストール
あり
無料SSL あり
データベース 無制限
ディスク容量 無制限
無料ドメイン 1つ(12か月以上の契約が必要)
バックアップ Webサイト・メール・データベースのデータを1日1回バックアップ。
過去14日分を復旧用データとして利用可。
サポート メール・電話・チャット

 

mixhost公式HP

mixhostにアクセスする

※詳細を確認してみましょう!

 

1-4【ロリポップ】~サーバー性能・高速化への取り組みには定評あり~

出典:ロリポップ

ロリポップはGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーです。

 

安さ・コストパフォーマンスが高く、人気サーバーの一つです。

 

ハイスピードプランでは無料独自ドメインが2個ついているのが良いですよね。

 

WordPress高速化・自動バックアップも付いているので、価格・機能面で一番コスパが良いです。

なお、ロリポップの場合、契約期間が長いほど月額費用が安くなります。

 

ハイスピードプランの1年だと月額費用が990円となります。

 

3年契約未満は、月額費用がエックスサーバーやConoHa WINGとあまり変わらなくなってします。

 

Makito

よって、ロリポップを契約するなら3年契約(月額550円)の方が良いでしょう!

 


ロリポップの概要

おすすめなプラン ハイスピード(990円)(1年契約の場合)
プロモーション中は、月額550円(3年契約の場合)
通常の価格/月 1430円
初期費用 無料
公式ホームページ ロリポップ
ロリポップの特徴 ・ハイスピードプランは他サーバーのスペックに引けを取らない
・低コストでブログを運営できる
・プラン変更が気軽にできる
WordPress自動
インストール
あり
無料SSL あり
データベース 無制限
ディスク容量 400G
無料ドメイン 2つ(ハイスピードか、エンタープライズプランを12か月以上で契約)
バックアップ 自動バックアップあり(ハイスピード・エンタープライズプラン以上)
サポート メール・電話・チャット

ロリポップ公式HP

ロリポップにアクセスする

※詳細を確認してみましょう!

 

1-5【さくらサーバー】 ~安さNo.1の老舗サーバー~

 

出典:さくらサーバー

さくらのレンタルサーバーは、法人・個人ともに多くの実績を持つ、創業20年のさくらインターネット株式会社が提供する老舗レンタルサーバーです。

 

2022年2月16日にリリースされた新サーバーでは、SSD化をはじめとした機材の刷新によって、

自社従来サーバーと比較して5倍の高速化を実現してます。

 

WordPressなどのCMSも快適に動作します。普通のホームページやブログなら高いサーバーを選ばなくてもさくらで十分」といった声が多いです。

 

2023年時点で日本国内シェア第3位で、法人や個人事業主の利用から個人の趣味サイトまで多くの人が利用しています。

 

実際に使ってみた人から、話を聞いてみたところ、管理画面の分かりやすさやWordPressのインストールのしやすさという点では、他社のサーバーの方がよりも若干分かりにくいようです。

 



 

さくらサーバーの概要

おすすめなプラン スタンダード(425円)(3年契約の場合) プレミアム(900円)(3年契約の場合)
通常の価格/月 524円 1571円
初期費用 無料 無料
公式ホームページ さくらのレンタルサーバー さくらのレンタルサーバー
さくらサーバーの特徴 ・さくらインターネットが運営する老舗のレンタルサーバー。
・個人・法人の利用者も多く安定稼働の実績あり。・WordPressは月額424円〜のスタンダードプランで利用可能。
・さくらインターネットが運営する老舗のレンタルサーバー。
・個人・法人の利用者も多く安定稼働の実績あり。・WordPressは月額424円〜のスタンダードプランで利用可能。
WordPress自動
インストール
あり あり
無料SSL あり あり
データベース 無制限 無制限
ディスク容量 300G 400G
無料ドメイン なし(有料) なし(有料)
バックアップ RAID10+データバックアップ
24時間365日有人監視
RAID10+データバックアップ
24時間365日有人監視
サポート チャット・メール・電話(コールバック予約) チャット・メール・電話(コールバック予約)

 

Makito

でも、コストを重視したい人には良いかもしれません!

 

さくらサーバー公式HP

さくらサーバーにアクセスする

※詳細を確認してみましょう!

2.レンタルサーバー選びに確認しておくべきポイント7つ

2-1 サーバーの1か月の利用料(適性価格か

 

適正価格で利用できるサーバーを選ぶことは、本当に重要です。

WordPressブログを運用するなら、1か月の利用料が1,000円前後のレンタルサーバーを

 

選んでおけば、ほぼ間違いありません。

 

変にケチって安過ぎるとものを選んで、スペック(表示速度が遅い)やサポート面で懸念がでたり、逆に高過ぎるプランを選んでも、初心者にはオーバースペックになってしまします。

 

Makito

ブログは収益化まで最低でも1~2年かかるので、月額で1000円くらいのものを目安にすれば良いでしょう。

 

ブログは、デジタル資産を築いていることと同じなので、適正価格で適性なサーバーを選んでおきましょう。

 

そして、月に1000円程度は、自分に投資していく!と思ってブログを書き続けることが大切です。

 

関連記事:副業に「ブログ」を始めるのが良い3つの理由-ブログの可能性を舐めるな!-

 

2-2 サーバー速度が速く、安定しているこ

 

サーバー速度が速いとページの表示速度が高速になります。

 

よって、表示速度の速い高性能なレンタルサーバーを選ぶのは重要なポイントです。

 

ページの表示速度が遅いとストレスを感じてしまいますよね。

 

そして、離脱の可能性が上がります。

 

SEOにもマイナスの影響を受けますので、サーバー速度の速さは重要です。

 

サーバーの安定性も重要なポイントです。

 

障害が多い・接続が不安定なサーバーを選んでしまうと、ページが表示されないリスクが上がります。

 

せっかく訪問してくれようとしているユーザーがいるのに、ページが表示されなければ、機会損失ですよね。

 

2-3 SSLが無料で使えること

SSLが無料で使えるサーバーを選ぶ?

困っている人

 

Makito

SSLとは、インターネット上の通信を暗号化する技術です。

 

ポイント

・非SSLのサイト → http://enjoy3c-life.com

・SSL化のサイト → https://enjoy3c-life.com

 

私のブログのURLも「https://enjoy3c-life」となっており、SSL化して運用してます。

 

WebサイトのSSL化はGoogleも推奨してます。

 

SSL非対応のサイトはブラウザに警告が表示されます(警告を見て離脱するユーザーもいますので検索順位に影響が出てしまいます)。

 

SSLが無料で使えないと、別途、SSLの費用を負担することになり、サイト運営コストが上がります。

 

Makito

今回紹介しているサーバー5つは、すべてSSLが無料で使えるサーバーとなってます。SSL化が無料で使えないサーバーは、要注意です。

 

2-4 サポートが充実していること

万が一のトラブル発生時、サポートが充実していれば安心です。

 

特に初心者の方や専門知識がない方は、早く問題解決したいですよね!

 

トラブル対処って初心者には難しいと思うので、サポート体制が充実してるサーバーを選んでおくのが良いです。

 

2-5 サーバー側でバックアップと復旧が無料で備わっている

レンタルサーバーのバックアップ・復元機能が備わっているかは、かなり重要です。

 

万一サイトが壊れた・データを削除してしまったというときに復旧することができます。

 

私も今までWordPressブログ運用していて、下記原因でサイト全体が不具合を起こす場合がありました。

・プラグインの不具合

・WordPressのアップデートによる不具合

 

こうした不具合が起きた時、バックアップデータがあれば不具合が起きる前の状態に簡単に戻せます。

 

しかし、バックアップが無いと復元するのは難しくなりますので、バックアップ機能が無いサーバーは要注意です。

 

ックスサーバー、ConoHa、mixhost、ロリポップ(スタンダード以上)は自動でサーバーバックアップされており、無料で復旧データも取得できるので大丈夫です。

 

さくらレンタルサーバーの場合は、スタンダードプランの範囲内でバックアップ機能が無料で備わっています。

 

しかし、自分で設定しなければならない点が初心者には少し手間かなと思います。

 

2-6 WordPressを自動でインストールできること

ここで紹介しているサーバーには、WordPressを自動でインストールできる機能があるので、初心者でも簡単にWordPressブログを開設できるようになってます。

 

しかし、全てのレンタルサーバーに自動インストール機能が付いてる訳ではないのでご注意ください。

 

自動インストール機能がないと、Word Pressのインストールに必要な下記作業を自分で行うことになります。

①WordPressのシステムファイル入手

②システムファイルをサーバーへアップロード

③データベース作成

④WordPressのインストール

 

PCに詳しい方ならインストールできると思いますが、そうでない方はかなりハードルの高い作業となります。

 

自動インストール機能が付いてないレンタルサーバーは避けるべきです。

 

2-7 利用者が多い

利用者が多いとネット上の情報も多いです。

 

トラブルや分からないようなことが起きた時に、ネットで検索で調べればだいたい解決できます。

 

また、利用者が多いということは、多くの人が安心・信頼して利用しているということ!

 

サーバー選びに失敗する確率も低いです。

 

3.今回のまとめ

今回は、ブログ初心者におすすめなレンタルサーバー5つ紹介しました!

 

ブログ初心者の方は、上記5つの中から選んでおけば失敗することはありません!

 

迷ったときは、エックスサーバーか、ConoHa WINGにしておけば問題ないと思います。

WordPressの始め方の記事を参考までに ↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Makito

東京在住 ⇒ 現在タイ在住 アラフィフのサラリーマン、子供二人(二人とも娘)の四人家族、人生100年時代になっていくこと考え、これからは個人で稼ぐこの必要性を強く感じ、2022年7月から未経験で仮想通貨投資・NFT・ブログの開設方法などのブログを開設。仮想通貨投資では、含み益+90万円を達成! もう人生を惰性で生きるだけの気分になっているアラフィフこそ、仮想通貨投資やNFTなどワクワクする未来へ投資(挑戦)をしていくことが大事!

-ブログ
-, ,